Archive for the ‘NYダウ’ Category

期待が低かった分、これで十分上がる

2015-05-09

米雇用統計はほぼ市場予想通りの結果に

市場予想通りの数値でしたが予想を下回るのではないかとの懸念があった為に予想通りでもNYダウは持ち直しています。ここ最近の米指標が厳しかったのでこれでも十分買えると判断されたのでしょう。また、ほぼ予想通りの数値ならば早期利上げもないだろうという安心感があったと考えられます。

イエレン議長の発言などで軟調気味だったNYダウが持ち直したことで日経平均の調整も終わりそうです。月曜は上昇が期待できるのではないでしょうか。

NYダウは売り優勢。明日の日本市場への影響は

2015-05-06

景気の著しい回復が予想されていたアメリカですが思った以上に伸び悩んでいるようです。GDPが予想に届かず、貿易赤字の拡大と悪材料が出ている中で日本の市場はどう反応するでしょうか。

アメリカの利上げ期待で円安へと推移していた経緯もあるので円高、株安の動きとなっても仕方ありません。勿論、円高も株安も一時的なものに留まるだろうというのが大方の見方。

政府、日銀主導で株価上昇に繋がる手を打ってくることは確かだと思いますので押し目狙いで問題ないと思っています。

米雇用統計は市場予想を下回る内容

2015-04-04

非農業部門、前月比12万6000人で市場予想下回る

市場予想が24万5000人だった為、約半数という低水準に留まりました。米市場が休場だったのでダウの反応は見れませんが、為替はドル売り円買い、ドル円が118円台となっています。

これで利上げ観測は更に後退となりそう。NY市場にとっては失望半分、期待半分と難しいところ。日経平均は円高の影響で押しそうです。

今夜のFOMCに注目集まる

2015-03-18

FOMC、利上げ時期に言及するか注目となります

今夜のFOMCでNYダウの方向性が決まりそうです。最近は連動しなくなってきているとは言え、大きく動けば少なからず影響を受けるのが日経平均株価。今夜のNYの動きはチェックしておいたほうがいいですね。

米雇用統計の結果を受けて株安、円安へ

2015-03-07

雇用統計好調で利上げ観測が高まる

昨夜の米雇用統計では非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、失業率も低下したことで利上げ観測が高まりました。これによりNYダウは下落、ドルは買われ、株安、円安という方向に動いた模様。

アメリカ単体で見ると早期利上げとなれば資金流動性低下の懸念から株価は上値が重くなるのは当然でしょう。しかし、日本から見た場合、NYダウの下落を受けて日経平均株価も連れ安となるかもしれませんが、為替は円安推移となるので輸出企業にとっては有利に動くと言えます。

原油安の時と同様に、来週はメリットデメリットへの思惑が交錯する相場となりそうです。

海外市場もリスク後退で上昇。日経平均先物1万8000円突破

2015-02-14

週末の海外市場は波乱なく堅調な動きでした。

日経平均先物 +120円 18,080円

ドル円 118.72円

原油1バレル 52.6ドル

比較的落ち着いた形で週末を迎えることができたようです。来週の日経平均は遂に終値でも1万8000円をつけそうな気配となってきました。

アメリカの雇用統計で円安。ドル円119円台へ

2015-02-07

日本時間の6日夜に発表されたアメリカ雇用統計が良かったことで為替は大きく円安に動きました。ドル円119円台。

これで為替120円、日経平均1万8000円も間近となり面白くなってきました。

Copyright© 2014 投資顧問・投資情報サイトの比較口コミNAVI All Rights Reserved.